Category Archives: 未分類

ネーム印は通販が便利

ネーム印を購入しようと、あちこち探し回った経験はありませんか?ネーム印は文房具店や印鑑専門店、事務用品店などで取り扱われていますが、品揃えが豊富かと言うと、そうとは言い切れません。では、ネーム印はどこで購入すればよいのでしょうか?

オリジナリティのある自分らしいネーム印を購入するには、品揃え豊かなネット通販がお勧めです。もちろん、身近にあるお店で購入できれば、それに越したことはないですが、実店舗で購入する際によくあるケースとして、在庫切れや旧字体や異体字の場合、もともと作られていなかった、或いは、思ったようなものがなかったというようなことが挙げられ、なかなかこれといったものに出会えません。その点、ネット通販であれば、在庫も豊富ですし、オーダーメイドで旧字体や異体字にも対応しており、注文する際もやり取りに手間がかかりません。

また、ネーム印はお土産やプレゼントにも最適で、印鑑文化のない海外の方にも喜ばれたといった声も聞かれます。ネーム印は今やそのものが独自の地位を確立しているといっても過言ではありません。バラエティ豊かなラインナップが売りのネーム印を選ぶには、品揃えが豊富で、在庫があり、オーダーメイドサービスによりさまざまな要望に対応可能なネット通販が最適と言えるでしょう。

自分らしいネーム印

ペン型印鑑ネーム印を選ぶ際、どこを重視して選ばれますか?利便性を追求したネーム印は、ペンと一体型になっているものやキャップレスのもの、スタンプタイプ、ホルダー付きなどさまざまあり、印面の図柄も多種多様なことから、選ぶ時に目移りしてしまうという声がよく聞かれます。

バラエティ豊かなラインナップが魅力的なネーム印は選ぶ際、他者との差別化に重点を置き、自分らしさを追求することで目移りせずにすみます。何故なら、認印として使われるネーム印は個人を特定しやすいように、オリジナリティのあるものが良いとされているからです。

例えば、名前から連想されるような図柄や、趣味やペットなど、その人にまつわる図柄を選んでみてはいかがでしょうか?一目見ただけで持ち主が分かるような自分らしいネーム印を手にすることができます。また、ネーム印は既製品のものから選ぶという方法のほかに、オーダーメイドするという方法もあります。オーダーメイドの場合、インクの色や図柄、書体、形状など、一から自分らしいネーム印を作ることが可能です。

回覧板や書類、宅配便の受け取りなど効率の良さが求められる場面での使用頻度が高いネーム印は、便利で個性的なものを選ぶことが賢い選択と言えるでしょう。

ネーム印と印鑑の違い

サラリーマンネーム印と聞くと印鑑を想像される方が多いのではないでしょうか?そればかりでなく、印鑑の一種だという認識はあったとしても、明確な違いを言える人が少ないのが現状です。一言で言うと、ネーム印は印鑑の代用品になります。しかしながら、印鑑とはまるきり異なる性質を持っており、印鑑として使うには用途が限られます。

そもそも、ネーム印は浸透印とも呼ばれ、中でも印面が名前になっている丸い形状のものをネーム印と呼びます。また、多孔性ゴムを加工して作られた浸透印は印面を押印すると、内蔵されたインクが滲み出るような仕組みになっており、朱肉を必要としません。連続して捺印できる上、持ち運びに便利なネーム印は効率アップに役立つアイテムとしてビジネスシーンや日常生活で、印鑑の代わりに活用されています。

しかしながら、ネーム印と印鑑では、求められる方向性が異なります。安全性が重視される印鑑は可読性の低いユニークなものが良いとされるのに対し、ネーム印は個人を特定しやすいように可読性の高い分かりやすいものが良いとされます。印鑑の代用品として使われることの多いネーム印ではありますが、個人を証明するという理由から、一定の規格が求められる印鑑とは本質的に異なるものであると認識しておいた方がよいでしょう。

似て非なる2つの印鑑

ネーム印ネーム印と聞いて、パッと頭に思い浮かぶものは何でしょうか?きっと、大半の方が印鑑を想像されたことと思います。認印として使われることの多いネーム印ではありますが、実のところ、印鑑であって、印鑑ではない、曖昧な存在です。では、改めてネーム印とは何なのでしょうか?

実際、ネーム印は印鑑として使うには限られた場面でしか使えないってご存知ですか?役所など公的機関に届ける実印や銀行印、契約など締結する際に使われる認印など、これらの印鑑を使って作成された書類は長期間保存する必要があるため、印影が変形していたり、薄くなったりしてはいけません。特殊加工されたゴムで作られているネーム印は時間が経つにつれ印影が薄くなったり、ゴムの性質上、毎回同じ印影を残すことが難しかったり、ゴムが劣化すると印影が変形したりするため、印鑑としての役割を果たせません

印鑑としては機能しないものの、私達の身の回りではネーム印の活躍する場が多くあります。朱肉が不要でどこでも手軽に押すことのできるネーム印は、その利便性から、ビジネスシーンや日常生活に限らず、あらゆるシーンで重宝されています。また、確認印や受領印として使われることの多いネーム印には、TPOに即した機能性やデザイン性が兼ね備わっており、今やその市場も大きく成長しています。そこで今回は、ネーム印の特徴や使い方、選び方、購入方法など、その全てを余すところなくお伝えします。